連休最終日みなさまいかがお過ごしでしょうか?

以前の記事で、わたしの中で「こうあるべき」を外して良かったことを書きたいと思います




たくさんあるのですが、わたしの中で大きかったのは、湯シャン開始と髪染めをやめたことでしょうか

先日会った友人(31歳)とは5年ぶりなので、5年前のわたしは、ひと月半に一度は美容室に行って、染めてもらっていました
 
なので、わたしの髪が黒い印象しかない友人は、わたしの変化(白髪が増えた)に何か反応があるのかな?となんだかソワソワと気にする自分がいました
そこはなんなのでしょうかね、若く見せているのは「髪」と思い込んでいたのかな

でも、結局何をすることもなく会いました

そんなわたしを見て、満面の笑顔でハグをしてくれた友人

そして、そのあとにお茶をしながら友人が、


「これからどんどん、素敵なシルバーグレイヘアーになりそうですねと言ってくれました(グレイヘアが正しかったです。思い切り間違えました)

そのまんまの髪でいただけなのに、若い子が好感を持ってくれたのは嬉しかったです

それだけではなく、わたしの場合、湯シャンなので、髪にお金を使っているのは2ヶ月に1度のカット(3000円)くらいなので、普段はほとんどお金がかかってないんですよね

数年前は、年間にしたら、美容院で約9万円、シャンプー・コンディショナーで約2万4千円
初めてざっと計算しましたが、年間約11万4千円とは驚きです

ふと思ったのは、あの時はそれに満足していた自分がいたので、「あ〜お金を使っていた〜」と過去を後悔するっておかしな話なのかなと思ってきました
実際、当時も払えるお金はあったわけなので、

今言えることは、あの時のわたしもすごく幸せだったということです

幸せなわたしは、おかげさまで現在はカット代だけで、年間約1万8千円です
髪を湯シャンにしたことで、シャンプー・コンディショナーの置き場所も不要で、お湯を使う量も減りました

歳を重ねて、あの時には全く思い浮かばなかった、こうあるべきを外してみたら、
今もすごく幸せな生活を送れていることに気づきました

幸せ目線で生きてみたら、なんでもそのように見えてくる。そんな気がしてならない今日この頃です
脳内は勘違いできるらしいので、「わたしはいつでも幸せだけ見えている」と決めつけて今後もギラギラしていこうかなと思います

↓ブログランキングボタンです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ