「出雲大社へ行こう」と思いつき、主人の承諾をもらって、飛行機のチケットと宿を予約して行ってきました

今回の荷物の中身は、シャツと下着・靴下、ハンカチ・テッシュとコンタクトをリュックに入れて2泊3日の旅へ

中身が少なければ、軽い・動きやすい・モノが増えてもカバンの中に入れられるので、帰りに両手がふさがることもありません

旅に重い荷物は不要です
もしも何かが起きたら?なんてことを考え始めて荷物を増やそうとしたら、不便もたまにはいいじゃないか、いいじゃないか♪
って思うことにして持っていかない選択をしています

行きも帰りも、ほぼ同じ状態で帰れること
これが私の旅の醍醐味でもあります

旅の目的はありません
行ったことのない場所へ行こうという直感のみです

あとは、そのまま動くのみ

出雲へ行こうと決めてから、いろんな情報があっちこっちから入ってきました

道を歩いていたら、見知らぬおっちゃんに声をかけられて、何かと思ったら、占い師だったんですけど、大山参り(阿夫利神社)に行ってきなさいと言われ、その3日後に主人とご挨拶に行ってきました

これだけでなく、出雲に行くまでにたくさんの神社とお寺に行く機会が多くて、行かされたとしか思えなかったです

初めてレンタカーを借りる

情報の中で、出雲大社に行くなら、美保神社と八重垣神社は欠かせないという話を聞きまして、調べてみれば、出雲大社からかなり離れているではありませんか

ここまで離れると、車で行くしかないと決心しまして

端から端へ旅

一人旅初の試みでナビ付きETC付きレンタカーを格安(CPで44%オフ)で借りて行ってきました
代金は、3日間で1万円くらいでした

これが功を奏したのか、
出雲についた宿で、神社巡りの話をすると「それなら神魂神社にも行くといいよ」と教えてもらったので、地理もわからぬまま行くことに決めました

その夜は興奮したのか、満月のせいかわかりませんが、夜中2時まで眠れず。。
それでも、翌日は朝6時に出雲大社へいきました
第一鳥居から歩いていきます
出雲大社第一鳥居

第二鳥居は工事中で通れず
出雲大社 第二鳥居
参道の途中にある祓社や、十九社、素鷲社、神楽殿など1時間以上かけてご挨拶をして、いよいよ美保神社へ

片道約82キロの道のりを運転して、美保神社に到着
美保神社
朝早かったので、人が少なかったです
厳かという文字が似合う神社でした

その後、美保神社の駐車場のイカ焼きのおばちゃんに「熊野大社にも行かなくちゃ」と教えてもらい、これは神の声と思い、ナビをセット
イカ焼き
おばちゃんの手塩で焼かれた白イカ1500円と高かったけれど、柔らかくて美味しかったです

次は、宿の方から教えてもらった神魂神社
神魂神社


神魂神社
とても古い神社です
中学生がたくさんいまして、こんにちわ〜と挨拶してもらいました

次に熊野大社
熊野大社
ここは、とっても気持ち良かった
気持ちいいついでに、おみくじを引いたら、「大吉」でした
「欲をはなれて、人のためにつくしなさい 大吉」と書かれてました
そして良い香りがした神社でした
おばちゃんに教えてもらって良かったです

最後に八重垣神社へ

八重垣神社

境内にある伊勢宮に縁起のいいとされる大きなカマキリがいました
八重垣神社 カマキリ
この後に出雲大社にある、天神社の少彦名さんのお社にも大きなカマキリを見まして、ラッキーだなと一人でウハウハしてました

この八重垣神社には有名な鏡の池占いがあります
1枚100円の紙を鏡の池に浮かべて、赤い文字のところに10円か100円をそっと置いてから、この紙が沈む時間で縁を占います この用紙には水に浮かべると文字が浮かび上がります
八重垣神社 鏡の池占い


八重垣神社 鏡の池

縁結び占いで当たると評判なので、若い女の子が多く、しかもどんどん用紙早く沈んで行く中、私は5分ほどで沈みました
沈まないかと思ってドキドキしましたけど、ちゃんと沈んでくれました

八重垣神社を後にして、出雲大社へ戻って、お礼参りをしました

御祭神

神社に行く時は、必ず御祭神を調べてから行くことにしています
出雲大社はご存知の方も多いと思いますが、大国主神が御祭神です

美保神社は三穂津姫命と事代主神が御祭神で、事代主神は別名エビス様と呼ばれ、美保神社は、たくさんあるえびす神社の総本社と言われています

八重垣神社と熊野大社は素戔嗚尊(スサノオノミコト)が御祭神です
神魂神社(かもす)はイザナミノミコトが御祭神です
神社に行く時は、どの神様が御祭神か調べてから行くと、神はとても喜ぶそうですよ

この神様って何?と思ったら、古事記や日本書紀など今はインターネットでも知ることができるので、読まれてみると、神に対してとても親近感が湧くと思います

3日目も、朝6時に出雲大社へ
参道を歩いていたら、挨拶をしてくれた方が「大きなしめ縄の場所知ってる?神楽殿よ!」と教えてくれました
そしてご挨拶していたら、程なくしてお日様が顔を出してくれました

出雲大社

アマテラスよ〜って感じです

出雲大社 お日様

太陽ってこんなに大きかったんですね

出雲大社の参道で、知らぬ間に、肩にクツワムシを乗せて歩いてました
どうやって肩に乗ったのかな?
友達

お土産は、クツワムシ、ではなく、おせんべいを買って、リュックに詰めて帰ってきました
関東はずっと雨だったようですが、おかげさまで旅行中は雨に濡れるもこともなく過ごせました

特別でも有名でもない普通の主婦ですが、神のお手配の中で旅が終わったという感じはバンバンします
神様って人も自然もとにかく無情に愛しているんだなぁ感じます

↓ブログランキングボタンです
ぽちぽちと押してくださると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ