断捨離を始めてからなのか?
そうじを始めてからなのか?

洗剤もたくさん手放しているねこもちです


それはどうしても必要なのかしら?
みんなが使っている=わたしにも必要という式をわたしが勝手に作り上げてないか?

と思うことが多くなってきて、その疑問を持ったときに、世の中のモノに対する見方がガラリと変わりました
と同時に、目に入ってくるモノが変わってきて、わたしにとって楽で優しい、そして生き物や川や自然を汚さずに地球を復活できるモノとの出会いが多くなってきました

最初はベビーマグちゃんとの出会いがきっかけでした



そして、この「バイオお風呂のカビきれい」との縁もできて、こちらは昨年から使い始めました


洗剤なしで半年の時も紹介しましたが、1年経過したお風呂を紹介します

初めての方にどういうモノか簡単に説明しますと

このバイオお風呂のカビきれいは、洗剤ではなく、微生物の働きでカビを抑制するという商品です
この微生物(安全性・有効性は実証されているそうです)は、空気に触れることで活動を始めます
詳しく知りたい方は、下記にコジットのプロジェクトストーリーのリンクを貼りますので読んでみてください

株式会社コジットホームページ

洗剤を使わないお風呂1年経過

我が家では、お風呂上りに簡単に壁や床の水を拭いています
窓はなく、換気扇は24時間換気です

床の角です

バイオお風呂のカビきれい1年

ゴムパッキンはカビやすいですが、異常なし

バイオお風呂のカビきれい1年1

次に既存で設置されている棚の裏

バイオお風呂のカビきれい1年2

手が届きにくいので、あまりうまく拭けないのですが、毎回写真を撮る時だけ見るのですが、カビは生えていません

次に、天井の角


バイオお風呂のカビきれい1年3

次は、これも既存で設置されていた棚ですが、外して残ったビス?にカビは生えてないか確認した写真です

バイオお風呂のカビきれい1年4

几帳面ではないので、ビスは濡れても拭いたことがなかったですが、カビは生えてないです

最後に浴槽の角のゴムパッキン

バイオお風呂のカビきれい1年バイオ5

こちらも大丈夫でした
1年間カビ知らずで過ごせました



意外と

断捨離をしていくと、無くても大丈夫というか、むしろどうして今まで持っていたんだろう?というモノが多いことに気づきますが、洗剤関係も無くても大丈夫です

または、必要だけど、地球を汚さずに、逆に使っていくことで復活させるモノを探すことも、情報がすぐに手に入る時代だからこそ、容易に検索できます

地球・地球っていうけど、壮大じゃない?とか思われそうですが、そこに住んでいるだけに我が子や大好きな人、そして自分を思うのと同じくらい大事な場所です

毎年、4万種もの生き物が絶滅しているって知ってましたか?私はつい最近知りました
山や海、自然とつながっている生き物が完全にいなくなったら?
その続きを書かなくても、お分かりになると思います

暗い話ではなくて、私は何かできると決めればそのようになれます
ミニマリストになったおかげで、モノを少なく使いたい=地球を復活できるモノ
とまでいくとは思いもよりませんでしたが、今後もそのような目線で生きていきたいと思う今日この頃です

↓ブログランキングボタンです
ポチありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ