直感で生きていると、周囲に驚かれることが少なからず出てきますが、やり続けている ねこもちです

周囲、世間体

まず、直感がきたときに「周りの人のめ・目・眼」が気になります
例えば、断捨離

モノをバンバン手放し始める
この間まであんなに大事にしていたモノや、高額で購入したモノも袋に詰めて、翌日はゴミステーション、または、二束三文で売りに出すことさえある


今では「断捨離」という言葉が世間に広まったので、「断捨離を始めたの」と伝えることはできますが、言葉は知っていても、まさか自分の家族の誰かが、ある日断捨離を始めるとはつゆほども考えていない家族にとっては、正気の沙汰ではないと思うかもしれません

でも、本当はそこを超えたときにわかることってすごく多いんです

たとえ話で、断捨離を題材にしましたが、直感で過ごしてきたここ数ヶ月間でわかったことは、思い込みによって、とても自分を狭めてたということです
2015年4月断捨離

まずは、ないことを思考する回路

私の場合です
可愛くないから、モテない結婚もできない
勉強ができないと、学校にいけない職場も選べない、将来良い暮らしができない
乗り物の乗り方がわからない地図が読めないから、国内で一人旅ができない
仕事をどうしても辞めたいけれど、辞めたら生活ができない=死ぬかも
面倒くさがりでそうじ嫌いだから、部屋はキレイにならない
ブログを書くにも、文章力がないから書けない
洗剤がなければ、家はキレイにならない
台所洗剤が無ければ、食器はキレイに落ちない
逢いたいけれど、声がかけられない、遠方で申し込めない
言葉がわからないと、海外に行けない
テレビが観れないから、Android携帯からiPhoneに変えない(笑)
あれがない、これがない
あの人がきっとダメというから(聞いてないのに)、できない、やらない、申し込めない

これはほんの一例です
すぐに「ない」というプレートを掲げながら頭の中を練り歩くサンバカーニバル状態
ある時から、そのプレートをぶっ壊して、1個1個やってみた
そして上記の「ない」から「ある」に変えたらほぼ全てクリアして、それが楽しいわけです

でも、その前に

ここで絶対に見逃してはいけないことは、
まず最初に

「やりたいことや、興味はたくさんあった」ということです

その何気ない直感の後に、光の速さのごとく幼い頃からの教えや、世間体や以前言われた言葉や、自分で作った「自分は誰よりも劣っているという思い込み」が覆いかぶさってきて「それでも良いからやろうという勇気が持てない自分を作っていた」ということに、友人の相談に乗っていた時に気付いたんです

あるメンターに「限界を超える」ということを教えてもらってから、乗ったことのない電車に乗る、近場の行きたくなった場所へ行く、いつもと違うものを食べるなどから少しづつそのように生きてきたら、不思議と次々と縁がつながってきていることに気がつきました

一人でライオンキングを観て泣くわ、乗馬体験をするわ、海外に行こうとするわ、瞑想会に参加するわと発展してきています
そしてどの体験も、あとあと必要な縁になっているんです

絶対に忘れてはいけないこと

ここで忘れてはいけないことは、太陽・宇宙・地球があり、生き物、水・食物、空気、主人という大きな器を持った人がいてくれて、優秀な友人知人が協力してくれて、皆さんがいてくれることへの感謝、そして私がここにいるということも重要なんです

4年ほど前から毎朝、太陽の方角に向かって挨拶するのは私の日課です
5秒で終わるのでやってみてください^_^

出雲大社 お日様

忘れがちなことを思い出して感謝するだけで道はついて、不思議なことに、その波紋は周りにもつながります

自分が直感で思うと、口に出さなくても、誰かが良い情報をくれたり、普通ありえない席が空いていたり、本当に不思議なことが起こります

もう一つ大事なのは、ひょっと出てきた直感ほど、すぐ消えるので、行動は早めにするのが良い
行動は早めにと、偉そうに書いてますが、これすごく怖いんですよ、実は今日の朝、海外で行うリトリート(本当の自分と向き合う時間を持つ)の申し込みをしたところです
昨日、行き方を調べただけで、やっぱり日本で良いのではないか?と断念しそうになりました
英語はしゃべれません(胸を張って言えます)
しかも乗り継ぎのある土地です(汗)

ここなんだよなぁと思ったんです
行けるのに、英語と乗り継ぎ便が怖い不安だから行かない選択をする
なので、勇気出しました

あと、リトリートって怪しい何かの集まりかと思ってましたが、全然違うんですね
自分と向き合いたいなぁと思ったら、向こうから情報がやってきました(笑)


まぁ、家族はびっくり仰天するでしょうけど、申し込みが通れば行ってこようと思います

直感は、自分が好きなことはむしろないし、むしろ「苦手な、えっ?」ということが多いです

けれど、自分は何者なのか?どうありたいか?を本気で考えて生活して行くと、生き方を教えてくれることが次々と起こってくる
そんな気がします