母は「これから良くなるね」とか「これから上手くいくよ」という言葉をよく使います

私はこの言葉を小さい頃すんなり受け入れていました
ですが、最近はこの口ぐせに違和感満載です

これからこれから

これから良くなるねと使うと、今現在の娘(ねこもち)を認めていませんよという宣言にもなるということになります

親ですもの「今のあなただって認めてるはずだし、そんな意味で言ったわけではないはずです」と物申したくなる気持ちになった方も多いと思います

分かります

分かるのですが、この言葉を使い続けると、ご自分の人生も「これから、これから」とこれから待ちで頑張っていませんか?とお伝えしたいんです

それじゃあダメなの?とすぐに良い悪いという結果を知りたくなるかもしれませんが、では、思い通りに達成した自分でないと、今こうして生活して生きている自分はダメですか?とお聞きしたいのです

目標はあって良いし、達成したらとても気持ちいいです
ですが、道のりという大事な今を楽しまないともったいない!と思うんです

私は四捨五入したら、50歳
母は70代なので、「これから」という言葉を使うより、普段から、すっごい幸せだわ〜って言ってた方が楽しみも増えるんです

確かに目標が達成できて、過去の道のりを振り返って、ああだったこうだったと味わうのも悪くないのですが、振り返る過去、それが今今今と続いているいうことなのではないですか?ということです

過去を振り返るまでに、前倒しで今を愛でてしまおうということです
自分にとって何でもない時でさえも・・です

Iいちごの手作りアクリルたわし
願ってもいないこと「可愛い手作りアクリルたわし」をいただきました

母はずっと使い続けて口ぐせになっているので、指摘してあげると「ハッ」とします

「どうしたらいい?」と聞くくらい口ぐせです

そうすると、先ほども書いた通り、「すっごく幸せだわ〜」を繰り返すといいんです
思ってないのに、言えないですか?
むしろそういう人に、言って欲しい魔法の言葉です
言い続けて今の自分を認めたら、「これから」という口ぐせはグッと減って、人にも使わなくなり、何気ない幸せを見つけられます

私が実践して効果大でした
これ、お金かかりません(笑)

お金やモノに価値を与えがちですが、自分に価値を与える方法を発見して欲しいと思う今日この頃です