ブログの間隔が空いていますが、のぞいてくださってありがとうございます


母と姉と旅行に行って来ました
そこで、先日ご紹介した薄くて機能的な財布を見た二人が、「すごく良いいね」と褒めてくれました

海外だけでなく普段使いにはどうかなと思い、今回の旅行でお札を多め(1万円5枚1000円10枚)に入れてみましたが、お札がはみ出すこともなく、使い勝手は良かったです
写真上は明るめに写っていますが、実際は落ち着いた濃い色になります

薄くて機能的な財布
色目については、リンク先でご覧いただいた方が確実です

どこから来たの?

今回の旅行で「どこから来たの?どこの国の人?」という質問をよく受けました

「日本からですとか日本人です」と答えると、


「日本(人)大好き!!」と言ってくれる人が多かったことに驚きました
そしてすごく嬉しかったです

これって、私がこの質問してきた方に出会う前に、私が出会ったこともない日本人の方が、とっても良い印象を残してくれたからこその「日本(人)大好き」が出てきたんだなぁ・・と思って、
ありがとうという感謝の気持ちがわきました

もしかすると、私たちのご先祖様がしてくれた親切かもしれないし、日本の片隅で、すれ違ったあの人が親切にした賜物なのかもしれない・・と考えると嬉しくなるんです
そして、そのままの印象でいさせてあげたいという思いも同時にわいてきました

実際、ガイドさんが体験した日本での話ですが、
「久しぶりに日本に帰って、切符の買い方が分からなくて困っていたら、近くにいたホームレスの方がとても親切に教えてくれて、行き先までの切符が買えたんです」と嬉しそうに言っていました

これって、日本人という枠組みを超えて、人ってすっごく優しいと常に感じられる人が増えたら、国を超えて気持ちが満たされる幸せな人が増えるのかもと思うのです
現状は変わらなくても、心が満たされている人は一緒にいて楽しいです

自分を犠牲にしてまで、相手のことを考えて親切にしてくださいなんてことは言いたくない

ご機嫌になる事柄って、人それぞれですから、自分がしてもらってご機嫌になることの1つを毎日与える、自然に感謝してみると良いんです

例えば、ありがとうという言葉一つで、自分の気分が上がるなら、1日何回でも「ありがとう」を使うんです
そうすると、巡り巡って、たくさんのありがとうが還ってきます

お魚さんにありがとうと言ってもOK!
魚だってありがとう

好き・センスいいね・愛してる・あなたのここすごいね!
なんて言われたら、舞い上がるわ〜なら、自分から先に、バンバンその言葉を使ってみると、必ずと言っていいほどその言葉は自分に還ってきます

最近、私の周囲が幸せ思考さんが多くなっていることに気づきました

最初から人に対してできないわというなら、植物、動物、壁でも机でもなんでもいいです(笑)
本当は、自分が欲しい言葉ほど、普段全く使っていないと私は気づいたんです

なので、気づいてからは使いまくってます
主人にも水にも太陽にも「好き〜ありがとう」と言います
慣れてきたら、徐々に人に使ってみる
今更恥ずかしい、苦手な人に使うほど効果大なので、お試しあれ

私は人なので、喜怒哀楽があります
それで良いと思いますが、同じエネルギーなら怒りから笑える考えにしたいのです
思考はパッと出てくるので、まるで自分が思ったように感じますが、実は自然に湧いてきているんだ〜とわかると、私はダメ人間的なネガティヴな思考は信じすぎなくなりました

そして、自分がダメじゃないなら、周りにもダメはないと分かる
なんでも、すっご〜く尊敬になります
比べる必要がないと自分が楽です

生きてるだけで丸儲け気分なのです

お金やモノは確かに必要ですが、すぐに自分の気分をそこそこでも「おかしく幸せモード」にしてあげることに気持ち使うと、生きることが楽しくなる
なので、
今日も気分が上がる言葉をバシバシ使うぞ!と自分に暗示をかけるねこもちなのでした