断捨離を始めてから、
手放したもの
残したものとありますが、
その中の残したモノの話をしたいと思います

かなり昔話になりますが、学生の頃
友人宅へ遊びにいくと、いつも音楽が流れていました


あの当時は、自分の部屋にテレビを置いている子は少なくて
大きなステレオコンポかデッキを
部屋に置いて音楽を聴く子が多かったんです

(昔話すぎて分からない方もいるかもしれませんね)

たまたま流れていた曲が、
DREAMS COME TRUE(ドリームズカムトゥルー)
私は音楽に無知だったので、
最初に聴いた時、歌がすごくうまいなーと思って
友人に
「これサーカス?」って聞いて
友人は大爆笑

※サーカスは男女2人ずつからなる4人のコーラスグループです
あの当時から
突拍子もないことを言い出す女だったので、
実は、ボケ担当だったのです


あまりに印象が強かったので、その後、お金を貯めて
ファーストアルバム
DREAMS COME TRUE / DREAMS COME TRUEを購入
1989年(平成元年)発売のアルバム
DREAMS COME TRUE


恋愛ソングなので不思議と、あの当時を走馬灯のように思い出す・・
ということはなく(サーカスの話だけは思い出すけど)
聞いてみるとただただ新鮮で気持ちのエンジンがかかる


たくさんのモノを手放してきましたが、
これを手元に置いていた理由は
聴くとエンジンがかかるからのようです
インターネットから落として聴くこともできそうですが、
これはCDとして残しておきたいものでした

「ようです」って他人事みたいですが、
残しているモノは
確かに気持ちの上がるモノが多い
なので少なくとも手放したモノは、それまでのモノという
位置付けでいいと思ってます

最初は自信なく断捨離をしているようでも
しっかり自分を持って断捨離はできている
そう思って進めると、モノの選別も
結構楽しくできるそんな気がします



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ