転勤が決まり、県外への引越しが決まったことを昨日記事にしました
今日は、3年前の引越しの時のお話をしたいと思います

3年前を振り返る

3年前の10月 海を越えて沖縄にきた時、引越し代だけで60万以上かかりました
夫婦二人だけの荷物です
これが4月とか引越しの時期と重なったらもっとかかっていたと思います
これでもかなり荷物を減らしてから引越したつもりでした
ですがこの時点で、すでに会社から入る費用を大幅に超えていました
主人は転勤を繰り返しているので、これが当たり前と思っていたようですが、
私は結婚したてで、しかも初めての県外への引越しだったので、
赤字が当たり前なの?と驚いたものです

3年前は荷物多し
引越しといっても、この費用以外に、移動する交通費・遠距離の場合、早めに荷出しするので、ホテルの宿泊費や食事代・引越した後に購入する消耗品の費用などが必要でした
何が何やらわからない当時の私は、ため息まじりで何度もATMに行ってお金を下ろすわけです
お金が足りないループ炸裂です

疑問

私は、市内の引越ししかしたことがなかったので、県外への引越しっていくらあればいいの?と思いましたし、
貯金を何十万と切り崩して引っ越すのが当たり前なんて絶対にありえないと感じたと同時に、会社から入る費用で引越しを完了させるにはどうすべきか?これが頭の中に強く残っていたことも、今思い返すと、ミニマリストにつながる始まりだったのかもしれません


何十年も考えたことなどなかった
「モノとお金の密接な関係」をこの時まざまざと知ったんです

長くなるので、今日はここまでにします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ