生活自体がミニマムになっていくことで、モノ自体の引越しはかなり楽になりました
身体が楽で、気持ちも楽
ただ、そう簡単にいかないことも一つありました

住所変更の山

役所への届け出、運転免許証の変更、郵便局への変更届けから始まり、電気・ガス・水道・NHK・Wi-Fi関係、銀行や、クレジットカード、投信関係などの住所変更が3年前に比べると思った以上に多くなっていることに気がつきました
書類多し

主人の名前だけで家族の分も変更できたり、インターネット上で変更できるなら良いのですが、電話で本人性の確認をしないと書類を送ってもらえないものも意外と多かったんです

また、電話をしてオペレーターにつながるまでのガイダンスの指示がと〜っても長い
オバァになったら、これはかなり苦痛になりそうです
そして、有料の場合ほどガイダンスが長めな気がします
数年に1度と言ってもため息が出てきました

これを機に見直す

なんだかんだで、引越しの荷造りや荷解きより時間がかかっている気が・・
電話も面倒になってきて、今回クレジットカードを3枚解約しました

独身の頃から持っていたカードもあり、仕舞い込んでいたために解約の機会を逃していたのだと思います

「いつか使うはずは、ずっとこない」と言ってモノの断捨離はバンバンしていましたが、クレジットカードは年会費を払いながら持ち歩いていた私^^;
年会費を無駄にしたと思うとジタンだを踏みそうなので、お勉強代ということにします


これで、電話をして変更する会社が減ったので、次回の住所変更は少しは楽になりそうです

これから引越しされる方へ

郵便局への届け出は済ませたのにここは抜けていて慌てて申請したので紹介します
ちょうどゆきのココだけの話のゆきさんもお引越しということで、ヤマト運輸への住所変更を丁寧に紹介してくれてました
すっかり忘れていたので助かりました


ゆきさんのブログの内容はいつも細やかなところまで紹介してくれて本当に知恵袋だなぁと感心します
ぜひ読んでみてください


これは、郵便局への届け出の話になりますが、私のように転居してから、入居まで期間が開く場合、郵便物を保管(30日間まで)してもらうように転送依頼とセットで、「不在届け」も申請しておくと便利です
転送と不在届けは少し早めに申請するといいですよ
↓詳細はこちらに
長期間不在とする場合の郵便物等の配達について教えてください


ブログランキングに参加しています
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ