まだ仕事をしていた時に職場の同僚から、
同僚A「明日、〇〇さん(私の名前)がおやすみだから、晴れますね」
とか
同僚B「昨日、休みで出かけてたでしょ?晴れてましたもん」
と言われていました
なぜなら、最強の晴れ女ということを知っていたから

お天気がいいと、私の休みをチェックしては、やっぱりみたいな感じだったようです
仕事に行くときは雨も雪もありましたが、休みで出かけることが決まっていれば、ほぼ晴れでした

これは、主人も認めていて、最近の旅行は、ほぼ晴れていますが、真冬に車で温泉旅行に行った時、猛吹雪だったのに休憩でコンビニに立ち寄る時だけ晴れるので、これには目を丸くしてました
空
時に雨が降って、雨具を買うつもりでいたら、偶然貸せてもらえたりするというラッキーなこともありました
とにかく濡れない状況になってくれます

理由はわかりません

晴れ女になった理由は全くわかりません
ただ、毎朝、空に向かって「おはようございます」と言うことだけはやっています


日々のお天気は、全てがお天道さん任せです
当たり前すぎるくらい当たり前ですが、前はよく文句言ってました^^;

現在は、天に向かって晴れますようにというお願いはせずに、どちらにしても誰かが喜ぶし、自力なんてないと「マジで気づいた」といった方がいいかもしれません
そこから変わったのかもしれませんね

感謝

飛行機に乗るとわかりますが、地上の天気がいくら悪くても、上空では太陽が燦々と地上にむかって照らしてくれているんですよね
その恩恵たるや日々の生活に追われると忘れがちです
お天道さんがなくなったり、自然から空気がなくなったら、私という人間は暮らしていけませんしね
気づけばいろんなことに感謝が湧いてきます


最初はお天道さんへの感謝だけだったのが、どんどん目の前のモノへの感謝に変わっていくので、面白いものです

信じるか信じないかは読まれる方にお任せしますが、このせかいは理解できないことが山ほどあるので、こんな晴れ女もいますよというお話を書いてみました

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ