ふと、言葉って面白いなと思った

なりたいとなっている

よく、「幸せになりたい」と願うと「幸せじゃない」がすぐに叶ってるという話をどこかで聞いたり、読んだりしたことありませんか?
わたし、最初読んだ時、んんん?でした
すぐに腑に落ちなかった


そんなこと全く考えたこともなかったことなので、何回も同じ部分を読んで、わかった〜!って腑に落ちた気になってた

でも昨日、なりたいとか云々のその前に、幸せって言葉自体が大雑把すぎて、結構曖昧なのかな?なんて思ったんです
裸足でも花があるから幸せ?
ご飯を食べて、お腹が満たされたら「幸せ」という人もいれば
お腹がいっぱいで、お腹がはちきれそうで、「苦しい」という人もいる

はたまた、この人といるときが至福の極みなんて思えるけど、
嫌いなあいつといると不幸と思う
でも、他の誰かはそのあいつといるだけで、至福の極みと思ってるかもしれない

今となっては笑い話ですが、わたしは子供の頃、お母さんさえいれば、幸せって真剣に思っていて、「もし、お母さんがいなくなったら不幸」と勝手に泣いていたこともあります

お金があったら「幸せ」という人もいれば、
先日お会いした人で、人がうらやむくらいお金には全く不自由してないのに、自分の欲望がお金では解決しないから「すごく苦しい=不幸」と本気で思ってる人がいる
そして、自分以外の誰かが解決すると嫉妬しちゃってる^^;

めちゃくちゃ幸せな人

逆にめちゃくちゃ幸せな人にも会いました
やたら今に感謝していて、すごく幸せそうなんです
実際、幸せの極みを感じているそう
一緒にいるとこちらまで楽しくて笑顔になる人でした
箸を転がしても笑えるってこのことか?と言うくらい笑った
笑いに集中してる時、人の頭の中は空っぽなので、悩みも何も入り込む隙はないからかなと思います
ただ笑えるって幸せ感じるな〜と思えた

「幸せ」って言葉は読めるし書けるけれど、感じ方は人によって本当に全く違ってる

ただの今にフォーカスすると「幸せアンテナ」が発動して「自分なりの幸せ」をキャッチして、視野がグッと広がって、実際に味わえるようになるんだなと腑に落ちました

「今幸せ」なんて、本気で思えなくても「今幸せ」と唱えると、見えるものが変わってくるんだなと思います
幸せを感じるって以外とシンプルな話なのかもしれません

ミニマリストとは違う内容?
でもブログランキングに参加しているのでポチッとしてもらうと嬉しい^ ^
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ