なるべくだったら損(ソン)をしたくないです

先日、約2万円の買い物をしました

接客をしてもらって、気分良く支払った

でもその後、見つけてしまったんです
インターネットで同じ商品を・・・しかも半額でした(送料も無料)

悔しい時〜

その時の気持ちは、怒りより悔しさの方が勝ったかな
1万円は大きいですしね
お店に問い合わせようかなと考えましたが、使用しているしやめました

もんもんとしたまま数日を過ごし、主人にはすぐに報告していなかったので、例え話風を装って、「例えば喜んで2万円で買ったものが他で半額だったらどうする?」と聞いてみたんです

そしたら、
「いくら他で安くても、気分良く買ったものなら、お店に言わないし、俺なら気分良く使うけどな〜」という回答でした

神か?
「実は例え話じゃなくて、この前買ったこれがそうなんだわ」と報告してみました

逆鱗に触れるか?と思いきや、「いいんじゃない、これで良かったんだよ」と鼻歌交じりで答えます

本当に良いのかな?と思いましたが、数日後、その1万円はひょんなところで形を変えて戻ってきました

1.5倍

主人のこれで良かったんだよという言葉
それが現実となりました

母に「旦那さんの洋服は百貨店に買いに行ったら?」
なんて言われて、主人の洋服を購入するために、電車に揺られて百貨店に行きました

初めて入った百貨店で、たまたま入ったお店の店長と店員さんが主人に合っていて、今までにないくらいお洒落な洋服をコーディネートしてもらって、最高に気分良くお会計となった時、

百貨店のポイントが2倍で6%でした
しかもたった2日間だけの開催でその日は最終日
店員さんに言われるまで全く知りませんでした

さらに、購入したお店のポイントも2倍で、百貨店のポイントと合わせると約15000円分のポイントがつくことになりました

ポイントの有効期間も百貨店は2年間、お店は永久ということだったので、普段ポイントカードは作らないのですが、今回は作りました

主人の仕事がたまたま休みで、母に言われて素直に従ってみただけですが、こういうことってあるんですね

1万円の損に見えたことがそれ以上になって返ってきたのは、「金額で騒ぐな、買った時の気持ちを優先しな」と悟らせてくれた主人のおかげです(母の百貨店のススメも・・)

私は目先のことで右往左往しがちですが、人生はその場だけで終わらなくて、やっぱり続いてるからこそ、目先の勘定(感情)で動かずにいることも必要なんだなと感じました

損して得(徳)をする

近くにいる人の言葉は聞き入れ難い時の方が多いですが、実はものすごく運のいい人が自分のそばにいるのかもしれませんね

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ