捨てる

それって自分にとってどういうイメージですか?

言葉に重みはないはずですが、やけに抵抗があったりします

言葉の重みをずっしりと「自分が受け止めちゃう」と、断捨離ができなくなってしまう

それなら、このようにイメージするのはどうでしょう?
自分のものを差し出す

この対義語は受け取るなんです
どこに?とか誰に?とか考え始めたらキリがないので、そこは脇に置いといて

ただ「差し出すと=受け取れる」
差し出したものが、循環して形を変えて自分に戻ってくるイメージができませんか?
無理やり差し出せ!とかお代官様みたいなことは言ってませんよ
楽な気持ちになる言葉として書いてます

差し出せば受け取れる
私は最近、自分のモノという感覚が薄れてきました

この差し出す=受け取るがなんとなくでもわかってきたおかげだと思ってます

循環はこのようにできていると気づけたことで、モノを手放すことに対しての抵抗がなくなってきました
モノでも食材でも、たった一つのモノが出来上がるまでには、いろんなドラマがあります

そこに感謝していただき、使って、手放すことによって、さらに誰かが喜ぶ何かに変化していくと思っています

自分の体に入れたものは循環してこの身になってから排泄されます
何十兆個とある細胞だって入れ替わるんです
滞ることはなく循環しているから生きられる
それと同じだと思います

これからも、滞ることがないように循環させていきたいなと考えています

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ