読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色の生活。

そうじで人生を変えた私の夢は世界中の人がそうじ好きになる事

何気なく始めた「そうじ」が私を変えてくれた

ミニマムな生活を始める前の話です

 今から4年程前は、独身で仕事もしていました。

ちょうど職場の近くに引っ越しをしたので、新しい気持ちでハリのある生活がしたいとネットで色々調べていたら、出てくる出てくる、思考が迷走しつつも、最終的に自分の中で

 まとまったのが、そうじ でした。

検索しました

お金をかけずに、時間もかからないでも運を上げたい

ズボラの極みなお話ですが、そんな、わがままな希望をかなえられそうだったのが、そうじでした。

 そうじをすると良いらしい・・・。

単純な私は、片付けもそうじも苦手なくせにやってみるか。と珍しく真剣モード。

その前もそうじをしていない訳ではなく、週一程度は簡単にそうじをしていました。

今思えばそうじと言えないような四角い部屋を丸く掃除しているだけ。

 この簡単に・・という安易な考えを変えたい自分がいました。

 たまたま思った考えを実行し・行動したことが、後々自分の人生も変えてしまうなんて思いもしませんでした。

そうじをすると決めましたが、

さて、何そうじから始めればいいのか?調べたところ、 

水廻りが一番大事らしい。

その中でも、「トイレ」

最初は家の中で、一番汚い場所と言われたら「トイレ」と答えていた私ですが、毎日出勤前にトイレそうじをしようと決めました。

その前にとりあえず、時間をかけて徹底的にトイレそうじをしてみたところ、どこもかしこも、きったない(引っ越したばかりでハウスクリーニングされていた)

徹底的にキレイにして、あとは毎日そうじをすることで汚れなくなりました。

人間は三週間続けたら、習慣になる

人から言われたらきっとやらなかったそうじですが、自分で決めたのだから、3週間はやってみよう!と出勤前に5分そうじを始めました。

帰宅後のそうじは私の場合、やめてしまう可能性があるので、それなら朝の時間を使うのが自分にとって有効と思い、出勤前にトイレそうじを始めました。

 不思議とトイレそうじを始めてから、他の場所もそうじをするようになり、玄関を履き、拭き掃除、洗面所の拭き掃除と、朝のそうじが増えていきました。

 それでも、15分以内には終了させてました。

 朝は誰もが忙しいですよね。

 独身時代の私でも、徒歩30分以上かかるの職場で、朝シャン・化粧・お弁当作り・朝ごはんを食べるとバタバタの中始めました。

たった5分が変えてくれた

転機

今思えばそうじをしてよかった。

4年経った今でも、ほぼ毎日そうじを欠かしたことはありません。

(旅行等で家を留守にする時は別ですが)

 三週間マジックにかかった私です。私のミニマムな生活の原点は、トイレそうじからです。

 そうじをするようになってから、半年程経った時、転機がきました。

 

そのお話は、また次回。 

〜関連テーマ:トラコミュ〜 

掃除&片付け 

暮らしを楽しむ