私は、低血圧で、低体温。でも早起きはしないといけない。

 

ぐっすり寝たい、そして朝はパッと気持ちよく起床したい。

 

寝不足気味で起きた日は、何もしたくないなぁと思いがち。

 

寝具を自分に合ったものに、総入れ替えをしたい

 

でも、いますぐにはできないので、

 

自分なりに、考えて、実行したら

 

4つの方法で結構眠れるようになりました。

 

 

 

その方法の、

一つめは

 

「寝具に掃除機をかけること。」

 

 

週一ですが、毎日のそうじついでに、掃除機をかけています。

 

私の家では、ベッドは置かずに、お布団を毎日敷いて寝ています。

 

お布団に掃除機をかけたことがある方なら

 

お分かりになると思いますが、

 

細かい粉?とホコリがたくさん掃除機にたまります。

 

毎日そうじをしているホコリとは明らかに違う。

 

 

 

これは、布団に入るダニの死骸や、糞、ダニもいるかも、らしい。

 

確かに、いることは分かっていますが、

 

実際、粉を目にすると・・・

 

うわっっとなります。

 

 

なかなかの量が吸いとれます。

 

現在使っている布団は、旦那さんが使っていたものを持ってきたのですが、

 

引っ越し前に、専門の業者に丸洗いを依頼して綺麗な布団なんです。

 

毎日、使用しているとどうしても、繁殖するのは仕方ないんですね。

 

それがわかったので、週一くらいは掃除機をかけるのは

 

必要なのかなと、思います。

 

人生の三分の一は寝ていると言われていますし、

 

睡眠は脳のご飯で、睡眠不足で仕事に普段の生活に影響を及ぼす場合もある。

 

 

寝具の進化もすごいですよね。

 

体に負担の少ない寝具とか、高級な寝具などなど。

 

毎日、ぐっすり眠れて、朝は気持ちよく目覚められたら、

 

今日は、いいことありそう。と思えます。

 

 

二つめは、

 

シーツ類をマメに洗う。

 

寝ている時にコップ一杯の汗をかくらしいので。

 

週に二回から三回は洗濯をするようにしています。

 

やっぱり、綺麗になったシーツは気持ちがいいです。

 

そのために、乾きやすい素材のシーツを選んでいます。

 

 

三つめは、

 

パジャマを着て寝ます。

 

以前は、トレーナー上下やTシャツで寝ていたのですが、

 

パジャマに切り替えました。

 

パジャマは、人が眠るために作られているので、

 

締め付け感もなく、動きやすくて、眠るための切り替えができる。

 

そして、素材によって、洗濯をして乾きやすい。

 

 

四つめは、

 

お布団に入ってから、自分にかける言葉、

 

今日もぐっすり眠るぞ!そして明日も気持ちよく起きるぞ!!」

 

と、自分に声かけ。

 

 

自分の脳に言っておくと、ちょっと眠れなくても、

 

朝はそれだけで気分が違いました。

 

明らかに、寝不足になる時間に、休むことになったとしても、

 

ぐずぐずした感じで、起床ということになりにくいです。

 

 

 

全てできなくても、自分に言い聞かせることは欠かさないように

 

実行しています。 

 

夏は、敷布団を引かずに寝ることもしてます。

 

旦那は、体が痛いと言ってましたが、

 

私は、熟睡できてます。

 

寝具のそうじは、鼻炎の私には絶対に必要なんだと

 

思っています。

 

どうにかして、少しでも寝具を減らして

 

そうじがしやすいようにしていきたい今日このごろ。