読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色の生活。

そうじで人生を変えた私の夢は世界中の人がそうじ好きになる事

私の節約その③そうじ道具あれこれ

ほうきは素晴らしい

 

畳の部屋が多い我が家は、ほうきでそうじをするのに、適しているようです。

 

ホコリが舞うのが気になる場合は、クイックルワイパー等で拭いてからほうきを使うといいと思います。

 

ほうきの穂先は、掃除機などでは届かない部分に有効で、幅木など隅々まで穂先が届き、ゴミが取れます。

ここまでほうきが使える道具だったとは思ってもみませんでした。

 

幅木をそうじ中です。

 

f:id:desumasu111:20160225155830j:plain

 

 

天井をそうじ中です。

f:id:desumasu111:20160225160024j:plain

 

まるで、年末の大そうじみたいですが(汗)

 

ささっと掃くだけでいいので、時間もかからないですし、電気代の節約にもなります、さらに腕の運動にも?なります。

魔女の宅急便みたいに飛べるかもしれません。すみません言い過ぎました。

 

でもそのくらい、ゴミが取れて気分がいいと言うことをお伝えしたかったんです。

 

近代文明のお力(掃除機など)も借りつつ、昔ながらの道具も使うというのは、改めて、先祖の知恵というのは、本当に素晴らしいんだと、物の良さを発見できると思います。

 

 

また、ほうきの他に役立っているのが、マイクロファイバーのハンディモップです。

 

テレビを拭いてます。

f:id:desumasu111:20160225161925j:plain

 

冷蔵庫の上だって拭けます。

f:id:desumasu111:20160225162542j:plain

 

何をしているのかわからないくらい、ハンディモップの顔が目立ちますが;^_^A

ちょっと派手なくらいで、いいのかもしれません。

 

ホコリもよく取れ、汚れたら洗濯機で洗えます。派手ですが気に入っています。

 

また、このほかに、掃除機も持っていますが、ほうきは、フローリングと畳、掃除機はカーペットにと使い分けています。

 

どの位節約になるのか説明しますと、毎日約15分掃除機をかけたとすると、掃除機の種類によって差はありますが、年間約1,500円ほどの節約になります。一見、微々たる節約のようですが、節約は一つ一つの積み重ねを総合した時に、大きな節約になりますので、これも私の節約法の一つとしてご紹介しました。