読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色の生活。

そうじで人生を変えた私の夢は世界中の人がそうじ好きになる事

そうじの手間を省く収納を考える

我が家の脱衣場は狭いです

 

f:id:desumasu111:20160326092649j:plain

逆光と加工の仕方が下手ですみません。

玄関を入って左に曲がるとトイレがあり、その隣がお風呂場です。

 

物を増やしたくない

狭い=棚もないわけで、バスマットの置き場に困っていました。最初は部屋にある収納ケースからわざわざ持ち込んでいたのですが面倒でした。

だからと言って何か棚を購入して物を増やすのは、何か腑に落ちない。

狭いからよかった

そこで余っていた、すのこを上に置いてみたら、測っているかのように、ピッタリです。物が減ったことで、余ったすのこが何枚かあります。

f:id:desumasu111:20160328071108j:plain

 

重い物は置いていません。

いつでもパッと取り外せます。木のすのこなので、湿気で腐ってしまうのが心配でしたが、今の所、腐ってはいないので上に置いたのは正解でした。

見えない収納ができない分、上に置いて目線にあまり入らないです。

 

洗濯カゴに使っているのは、折り畳める業務用ボックスのMサイズです。カラーが豊富でミニだと靴を収納したりもできて、重ねていけるので便利です。そして丈夫です。

 

Ay Kasa エーワイ・カーサ Multiway - Minibox マルチウェイ ミニボックス [ VANILLA / バニラ ]

 

本当はワイヤータイプの筒型のカゴを検討したのですが、置き場がないので、軽くて折り畳める、このボックスにしました。

これで洗濯機の上も周囲もすっきりしているので、脱衣場も広く使え一石二鳥です。

 

 バスマットをタオルにした理由

ズバリ、フェイスタオルは毎日洗っても簡単に乾くからです。

以前使っていたバスマットは、うまく乾かないと、生乾きの臭いがしてきたので結局やめてしまいました。話題だったsoil(珪藻土のバスマット)も考えたのですが、狭い我が家の脱衣場に置きっぱなしができないので断念。結局は、足を拭くだけなので、フェイスタオルで十分かなという事、そして二人暮しなのでビチャビチャにもならなくて、使い終わったら、お風呂場のドアにかけておいて、翌日洗濯します。使い倒したら最後は、ウエスにします。

 

足下に物を置かない事のメリット

拭き掃除がしやすい。人が来た時に玄関から結構すぐに目に入りやすく、またトイレに行くと脱衣場も見えるので、物が置いていないことでスッキリして見える。

 

終わりに

そうじ嫌いの私がそうじできるようになったのは、

そうじをする時に、「物を片付けないとそうじできない」という空間を、なるべく作らないようにした事が大きいです。「そうじの手間を省く収納」を心がけるようになったことで、そうじする気持ちが持続できるようになったと思います。

 

 

  

desumasu111.hatenablog.com

desumasu111.hatenablog.com

desumasu111.hatenablog.com

desumasu111.hatenablog.com