Amazonから発送される商品の注文金額が税込2,000円以下の場合は、送料が350円必要になりましたね。。(プライム会員は無料です)詳細はヘルプ&カスタマーサービスを見ると出ています。それでも350円はまだお安い方かな。それともプライム会員がいいのかなぁ。

 

話を戻します。

アイロンが壊れました(泣)

ワイシャツとハンカチのアイロンをかけていたら、突然焦げる匂いが。。

最初、アイロンからだと分からずに、お鍋に火をかけていたのかと勘違いをして、台所に走りました。台所には何もない。

 

外から焦げた匂いがしたのかなぁと思って、またアイロンをかけ始めたら、スチーム部分から茶色い水がぼたぼたと垂れてきました。

はい壊れました。まだ1年半しか使ってないのに・・・。当たりはずれがありますから仕方ありません。。と大人ぶってますが、少しショックです。

f:id:desumasu111:20160405104937j:plain

 

すぐに変わりのアイロンを探す

旦那さんがワイシャツを着るので、どうしても必要だと思い込んでる私は、すぐに購入しようと思いました。

今度は、コードレスタイプで安くてもいいかなとか。。アイロンの金額もピンからキリまであります。5,000円以内で購入できればいいと思っていました。

 次のアイロンの事しか考えていませんでした。

ちょっと待って

物が減る(今回は壊れてしまいましたが)=購入する

この式に疑問を持ちました。自分で考えた安易な式に違和感を覚えたんです。

私は必要な物を購入するという事は賛成派ですが、単純にすぐに買わなきゃという考えの自分に対してどうなのか?という疑問符が出てきました。

もしかして

アイロンを探していく中で、使わなくても良い方法があるのでは?と思いました。

そして探していくと、実際にありました。アイロンを使わなくても良い方法。

ワイシャツの場合

①脱水を最低限にして干すとシワができにくい。

②小ジワもしっかり伸ばしてハンガーにかけて干す。

③裏返して洗濯する。ネットに入れる。

最悪は、形態安定のワイシャツを購入する。

試してみる価値はありそうです。

ハンカチは、手アイロンで良さそうです。上記のやり方で少し様子を見て、無理そうであれば購入を考えてみようを思います。

 

母の影響?

物がなかった時代は、欲しくても買えないので、家にある物を、何とかして便利に使う方法を考えては生活していたと思います。そういえば私が子供の頃、母の口癖が「変わりにこれを使いなさい。」だったことを思い出します。母は、小学生の頃から自分で稼いできた苦労人で、とても厳しかったです。ゲームやおもちゃを買ってもらった記憶がほとんどありません。

 

現在は、生活を変えたおかげで、買えるお金があっても、変わりにこれを使えばいいのかな?と考える生活が楽しくなってきました。最初はそうじを短時間で終わらせたい!という気持ちで減らしていましたが、実際少ない物で暮らしてみると、案外楽に暮らせることがわかりました。他にできる事を考えるようになったのは、実は母の影響を受けているのかもしれません。

 

「アイロン一つが壊れただけ」と言ってしまえば、それまでですが、今まで使っていた物が無くなった時の考え方って結構大事なのかなと思った一日でした。