ブログ持たない暮らし、使い切る暮らし。の人気ブロガー ちゅらさんが書いた本を読みました。

電子書籍で購入です^ ^

ちゅらさんの「それ、いらない」電子書籍で読みました

それ、いらない。 ちゅらさんの持たない暮らし、使い切る暮らし [ ちゅら ] 

 

2014年は運命のコマが幸せに回り出した年

ちゅらさんは2014年にブログ持たない暮らし、使い切る暮らし。を始めたそうです。

そして私は結婚を機に、忙しかった仕事を辞め、主人の転勤についてきたのが、この年です。

そのおかげで、ちゅらさんをはじめ、ミニマリストやシンプルな暮らしのブログを知り、私がそれまで継続してきた「そうじ」だけではなく、モノを減らすことの素晴らしさを教わった年でした。

2014年は私の運命のコマが幸せに回り出した年と言っても過言ではありません。

それだけこの暮らしが私とっても、主人にとっても素晴らしいものだったんです。

モノを持たなくても幸せになれるブログを見つけた私は幸せ者です。

現在の暮らし

主婦目線だからこそ説得力がある

ちゅらさんのブログは、主婦目線で書いてあるのでとても読みやすく、説得力があり、さらにとても芯を感じるんです。

それはきっと、ちゅらさん自身が体験して歩んできた人生の中で、モノを減らし始めてから本当に人生が好転したということの表れなんだと思います。

そして、世間一般の人が使っているモノも使っていたからこそ、それを持たなくても十分暮らせますよと言えるんだと思います。

この本には必要のないモノは家の中には置かない。という徹底したモノの削減の方法がわかりやすく書いてあります。

第1章に洋服を捨てることから始まるのですが、ちゅらさん自身も最初は洋服を捨てることに抵抗や辛さや葛藤があったことを綴られています。

洋服

洋服は簡単に増える割に手放しづらいもの。

実は買うより、手放す方が人は悩むんです。

そんな時「なぜこの洋服を着ないのか?」という理由を自分に問いかけて、具体的に考えていくと手放しやすいというところはすごく共感しました。

モノを減らすことをパターン化できるまでは悩むものですが、どうやったらモノを手放しやすくなるかという方法も書いてあるのでとても参考になります。

お金に関することもしっかり書いてあります

私がいつも思うのは、ちゅらさんの書くブログは、普通なかなか書けない部分にもしっかり切り込んでいて、ものすごく勉強されているんだなといつも思います。

この本は、モノを減らすことで現在のお金のことも書いてありますが、未来のお金についてもしっかり書いてあるんです。

モノを減らす〜老後のお金のことまで書いてある本、びっくりしませんか?

この一冊で、「今〜未来」という先のことまで書いているちゅらさんてすごい。

私の客観的な考えですが、ちゅらさんは、本が好きで、たくさん読まれていることはブログを読んでもわかりますが、ただ読んで満足するのではなく、できる所を実行に移すのが早いのだと思います。

だからこそ人生が好転している。

呼吸のように、インプットとアウトプットができているので運気さえも味方につけているように感じます。

モノを減らすことから始まる未来への期待

モノを減らすこと、これだけでも頭の中の思考が「自分が幸せになるために必要なモノを探す」ようになります。

自分が幸せになること。この言葉を独りよがりな考えと否定的に取る人がいるかもしれません。

ですが、私はそうは思いません。

本当に幸せな人は、誰からも好かれ、むしろ周囲の人を幸せにできると私は思っています。

実がつくと頭を垂れてみんなに種を配ります

植物や果実は花を咲かせて実をつけると、下を向いて地面に種を蒔きます。

太陽をたくさん浴びて栄養たっぷりな幸せを含んだ種や実を落としていくことって自然なんだと思います。

その種で花を咲かせて、種を蒔いて幸せな人が増えて、またその種で幸せな人が増えていけばいいと思うんです。

ちゅらさんが惜しげなく蒔いた幸せになる種をもらって、花を咲かせつつある人は多いと思います。

実際、私もその一人です。

モノが多くても幸せな人はたくさんいます。それもわかります。

ですが、もし今悩みでいっぱい、家の中もモノでいっぱいという方がいたら、「ちゅらさんの本」をぜひ読んでもらいたいです。

きっと何かいいヒントがもらえると私は信じています。