昨年の10月に母の家に行って断捨離を進めて、目覚めてから早7ヶ月

【親の家を片付ける】断捨離それは遠い道のりなのか?番外編

70歳の母は、私が帰ってからも、一人で一生懸命、断捨離に励んでくれました。

最近はどうかな? 

お互い忙しくて、連絡を取り合っていなかったのですが、久しぶりに連絡をしたところ、私のブログを読んでは、まだまだ減らすモノがあるなぁと思っているそうです。

ですが、思いながらも「手につかない状態」なのだそう。

f:id:desumasu111:20170419220058j:plain

中休み

どうしても、季節の変わり目だったり、出かけることが多くなると、身体も疲れてしまい、やりたいことも手につかないことが出てきます。

特に、母は70歳になり、かなり健康に気を使って、見た目がいくら若くても、身体は正直です。

母も、この時期は食事で回復するのは難しいと言っていました。

なので、気持ちと身体が一緒にならないこともあるでしょう。

私も、モノを減らし始めて数ヶ月して、中休みのような時期があったので、気持ちはわかるなぁと思いました。

なので、無理に重い腰をあげてことを進めずに、その時期を待つのもありかなと思っています。

f:id:desumasu111:20170414174632j:plain

きっと覚えてる

断捨離の中休みも大いに結構。

きっと、モノを減らすことをしなくても、頭も身体も断捨離を覚えてます。

なので、またやりたくなって始めてしまえば、前より手放す速度が早くなっている自分に驚くかもしれません。(私がそうでした)

年齢を重ねるごとに手放しづらくなるけれど、でも1度でも頑張れたあの時は忘れないはず。

そして、また始めようと思った時、もし迷ったら、

いつも参考にさせてもらっているRinのシンプルライフのRinさんの断捨離の方法の記事はぜひ読んでいただきたい!

断捨離の方法!服・本・キッチン(食器)断捨離のコツと効果

さいごに

Rinさんも書いていますが、断捨離は体力と気力がかなり必要です。

40代の私でも、断捨離を始めた頃はきつかったので、母はもっときつかっただろうなと思います。

でも、頑張った分の効果はすごくあることも実感してもらってます。

身軽で、生きることにハリも出て、すっきりした家が好きになる。

時には、中休みをしながら、またモノを見極めていき、自分の好きな家にしていく。

ずっと走り続けると、疲れる親子なので(笑)これからも励ましあいながら、楽しんですっきりした家を保っていこうと思います。