読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色の生活。

そうじで人生を変えた私の夢は世界中の人がそうじ好きになる事

【断捨離】を家族に理解してもらうコツを紹介「その2」

断捨離

本日もありがとうございます。昨日の続きです。

《目次》

3.家族と共有のモノは、声かけをして

真剣に始めた断捨離が、ある程度進むと、家の中の使っていないモノの多さが目について、減らしたい衝動が起きます。

手が勝手に動いて、ゴミ袋にバンバン入れそうになる。

それは断捨離が順調に進んでいる証拠です。

しかし、自分にとっては不要なモノで仕方ないのですが、家族にとっては「使ってなくても、今はまだ必要なモノ」なのです。

 一応、「これ使ってないみたいだけど、必要かなぁ?」と声かけをしたり、「1ヶ月くらいここに仕舞っておくから、もし使わないようなら、その時手放してもいい?」と伝えておくと、後で要らないかも?と言ってくれることがあるので、我慢して少し待ちましょう。

反対を押し切って断捨離しても、精神的に消耗するだけです。

それなら自分のモノの見直しを行った方がいいですよ。

 ↓決して、勝手に人のモノに手をつけないでね。

勝手に手をつけちゃダメだよ

4.欲しい人にあげる。またはリサイクルショップを利用していることをアピールする

断捨離している本人も手放す痛みを味わっているのですが、周りからすると、まるで心の無い捨てロボットにしか見えない。

そんな時は、友人知人に、欲しい人はいないか?と声かけをしてもらって頂く。

あとはリサイクルショップを利用して少額でもお金にしているアピールをしてみる。

店舗に持ち込むのが面倒な場合はインターネットで申し込んで送ることもできます。

参考までにネットのリサイクルショップをあげてみます。

私は本やゲームは駿河屋さんで結構高値で買取してもらいました。

一定の数になると、着払いで送れて送料無料になります。

▶︎買取TOP|通販ショップの駿河屋

 

洋服を買い取ってくれるネットのリサイクルショップなどは、無料でダンボールを送ってくれて、送料も無料で査定後、売りたくない場合は返却してくれるお店もあります。「まみさんのブログは実際に利用した記事」で参考になります。

▶︎掃除・片づけ・収納-宅配買取 カテゴリーの記事一覧 - シンプル生活 わたしの好きなくらし

 

「えがさん」のように、リサイフクで国際協力もできちゃいます。一部地域を除いて佐川急便の着払いができるので送料無料で送れます。

▶︎【お片づけ】子供服の断捨離。またリサイフクを利用しました。 - ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

 

あとは、フリマもありますね。↓カツヲさんのブログです。

▶︎メルカリだけじゃない!人気急上昇中のおすすめフリマアプリ! - 晴れ時々晴天なり

 

アピールと言うと聞こえが悪いかもしれませんが、こんなモノもお金になるの?ってことが結構あります。

お金になりにくいモノもありますが、全てを捨てる対象にしている訳ではないことを知ってもらうだけで、家族の反応が少し和らいでくることがあります。 

5.何を言われても、受け流す

自分のモノだけの断捨離をしても、横からいろいろ口を出される時があるかもしれません。

家族だから、言いやすいんです。ですが逆を返せば、

今まであんなにモノに無関心な人が、モノに関心を持ってきた

その無関心な人に関心スイッチをつけたのは、何を隠そう断捨離を始めたあなたです。

そうしたら、いい意味で家族もモノと向き合う時間ができるわけです。

 

そう思えば、何か嫌なことを言われても、怒りより笑みが生まれてきませんか。

それでも、イラッとしたり意気消沈しそうな時は、断捨離に成功した人や途中経過のブログを読んでみてください。活力が湧いてきます。

ブログ村のトラコミュで参考になるブログ結構ありますよ▶︎断捨離でゆとり生活 

最後に

断捨離という言葉は世間に広まっても、この素晴らしさはやった人にしかわからない。

やらない人には理解できないです。

断捨離は一人でできなくもないですが、重いものや、自分で分解できないものなど、家族の協力が必要な時もあると思います。

そんな時は、お願いしてみましょう。モノに関心を持った家族は、「強制しなくても不思議と協力してくれる」方向に向かいます

全ての人がそうなるとは限りませんが、ほんの少しでも理解してくれる時がきたら、近い将来、一緒に断捨離を楽しんでくれるようになります。

 

そこに行くまで一人で孤独かもしれませんが、諦めずに貫き通してほしい。そう願います。

 

desumasu111.hatenablog.com

 

〜少ない生活に潤いを:トラコミュ〜

ミニマリストになりたい

断捨離してますか? 

暮らしを楽しむ ブログテーマ 

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし