旦那さんの実家に来て2週間以上が経ちました

断捨離と言っても、冷蔵庫やキッチン周りを集中して行い。あとは、そうじ・そうじです。また整頓を行うだけでもかなりの労力が必要です。私は整頓がうまくないので物を減らすことを優先した人間、ここにも時間がかかりました。そんな中、

脱力感と気分の浮き沈み

自宅でも、必死に断捨離を始めてから、二ヶ月ほどした頃に異常な脱力感と何をしても気分が乗らないという現象が一時的に起きました。

最初は、重い物を持ったり、仕舞っていたものを取り出したり選別したので、単なる身体の疲れだと思っていましたが、そうでもなさそうです。とにかく動くのが億劫で今までに感じたことのない気分のムラが出てきました。

眠たい

実家でも同じ現象が

旦那さんの実家に来て、2日間くらいですが同じ状態になりました。自分が断捨離などを始めた時と全く同じです。

今まで持ち物と真剣に関わったことがなく、そうじだって嫌いな私が物を減らし、周囲が驚くほどそうじをしていることで、今までの自分が「抵抗している」ような感じがしました。

無理はしない

そんな時は、無理やり断捨離をせずに、思い切って数日断捨離お休みし、そうじも簡単に済ませました。

休むことで気分が持ち返したので、また断捨離とそうじを再開!その間も継続してミニマリストのブログは読んでいました。休んでいる自分に劣等感はないです。なぜなら、やる作業は個人個人です。焦る必要なんてない。

その時気づいたのは、断捨離や物を手放す時は『一気にやることが必要な時と、休むことが必要な時もあるんだ』ということ。

思い切り休むのも一つの手

この状態を抜けると気分が上り調子に!

断捨離などを経験した方で、少なからず私と同じ状態になった方がいるのではないかと思い書いてみました。今現在停滞期の方も無理せず休む時は思いっきり休んでみる。

むしろこの状態を抜けてから、いろいろな角度から物を見れる自分が出てきますし、物だけでなく人とのつながりも変わってきやすいです。

私は自分が停滞している時に例えるのは、「より高くジャンプする時は、膝をかがめて一度沈まないと高く飛べない、だから今は高く飛ぶために膝をかがめている状態なんだ」と考えるようにしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ