レースのみのカーテン生活に度肝を抜かれた

昼間はレースのカーテン、暗くなったら外から見えないカーテンを閉める生活が普通だと思っていました。

家の中がうっすらでも外から見えたら恥ずかしい。

ブログミニマリストと呼ばれたいのミーさん (id:haru501227)の記事を読んで、私は度肝を抜かれました。

ミーさんは自宅のリビングにあった、カーテンとレースカーテンを外し、新しいレースカーテンのみに変えてしまったんです。

最初、読んだ時に「えーっ!ミーさん嘘でしょ?すご〜いすご〜い!」と思わずツバを飛ばしながら(すみません)モニターに向かって叫びました。

haru501227.hatenablog.com

 カーテンは2枚なければいけないの? 

一般のご家庭で、リビングのカーテンをレースのみにする勇気、そしてご家族もそれをOKする心の広さは素敵です^ ^

こんなレースのカーテンほしいなぁと思って早4ヶ月。

次の転勤先で購入しようかなと考えていました。

ですが、4年ほど前にニトリで購入したレースカーテンが厚手だったことに気づき、夜確認したところ、

リビングにあるニトリのレースカーテン

↓ベランダに出て部屋の中を見てみたら、中が見えない!

外から部屋が見えない

↓旦那さんにカーテン近くに立ってもらいました。人影だけで透けてない。

旦那さんにカーテンの近くで立ってもらいました

↓早朝、少し暗いですが外は見えない。

早朝、部屋の中から

お日様が出ると、部屋の中は電気をつけなくても明るいです。

家にあるもので新しい発見

これで我が家のリビングも、レースカーテンのみにできました。

安いカーテンですが、なんと我が家にも透けないレースカーテンがありました。

今まで何も気づかずに、日が沈んだらカーテンをしていましたが、白いレースカーテンは、夜電気をつけると、家の中がとても明るくなることがわかりました。

暗い部屋よりやっぱり明るい方が、目にもいいですし、気持ちも明るくなります。

レースカーテンだけなら、自分でカーテンを開けなくても、勝手に朝日が家に入るので、朝日のエネルギーで家の運気も上がる。そうすると人の運気も上がる。

朝日のエネルギーって馬鹿にできないと実感してます。

いろんな意味でやる気を起こしてくれます。

ただ冬になったら、隙間風がすごいので^^;その時はまた対策を講じることにして、しばらくは様子を見てこのまま生活してみようと思います。