食器洗いは、固形石鹸を使ってます

2月に記事にしているのですが、食器洗剤は相変わらず固形の純石鹸です。(成分は脂肪酸ナトリウム98〜100%)

私の節約その①

 油汚れはよく落ちる?

そこそこ落ちます。

我が家ではギトギト油は、一度油を拭き取ってから、洗うようにしているので、
不便さを感じたことはありません。

食器洗剤は固形石鹸

使用期間は?

先回の記事と変わらず、約1ヶ月使えています。(夫婦二人)

石鹸の金額は100〜130円(135〜190g)の石鹸を使っているので、コスパはとてもいいです。

本当は、フキンソープがお気に入りですが、取り扱いのない店舗が多いので、
こだわらずに純石鹸分が98%の石鹸を選んで購入しています。

100均でも購入できます。

以前は、フロッシュを使っていたので、純石鹸に変えたことで、コスパはとても良くなったと思います。

また、純石鹸は肌にやさしいので、今のところ手は荒れていません。



使い方と泡立ち

私の使い方と、固形の純石鹸で、どのくらい泡だつのか写真でお見せします。

1スポンジを濡らして、石鹸を持ちます

100均のスポンジ&石鹸

2スポンジと石鹸を5回ほどこすり合わせます

5回ほどゴシゴシする

3石鹸を戻して、スポンジをもみ込みます

スポンジをもみ込む

4泡立ちはこのくらいです

シンクにも泡がたれるくらい泡立ちます。

泡立ち

※スポンジとの相性で泡立ちが変わる場合があります。

↓こういう感じだと泡立ちがあまりよくありませんでした。

マーナ おさかなスポンジ B K170B

 

洗える食器の量

この泡立ちで、夕飯の食器、茶碗2、お椀2、取り皿2、箸2膳、23cm皿2、
コップ2くらいは洗えます。

鍋やフライパンは、再度、石鹸をつけて洗います。

また、朝と、昼は食器が少ないので、これで純石鹸が1ヶ月使えています。

気をつけたのは、石鹸が柔らかくなることがあるので、石鹸置きは水がたまらないモノに
しました。
そのかわり、石鹸から雫が垂れるので、最後は綺麗に拭きあげています。

さいごに

石鹸を食器洗いにしようと思ったことはなかったですが、使ってみたら、便利で安くて

不便さも感じていません。

私だけの感想は満点ですが、旦那さんに感想を聞いたところ「汚れも落ちていいと思う」という答えが返ってきました。

小さな節約ですが、満足のいく使い方ができていると思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ