読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十人十色の生活。

そうじで人生を変えた私の夢は世界中の人がそうじ好きになる事

自分にとって「ありえない行動」をするたびに幸せをつかんでいました

私はそうじ嫌いの汚部屋生活を40年以上続けていました。

その証拠を母が語っています過去記事

【母とのLINE公開】過去の写真はなくとも、母の言葉で信じてもらえますか? 

ですが現在は、完璧じゃないにしろ毎日そうじをして、モノの数も減らした暮らしをすることで人生が好転しました。

鏡開きまで鏡餅を飾ったリビング

 

行動すると人生が変わる

40年以上の汚部屋生活を今になって、よくそうじする気になったなぁと思いますが、人が驚くような大それたことをしなくても、ただ自分の人生の中で普段と真逆の行動にトライしてみると、何かが変わると実感しました。 

そうじをした結果。私の場合 

普通にそうじができ、モノの整理整頓ができる人にとっては、頭をかしげたくなることかもしれません。

だって普通にできるのですから。

ですが、それができずに汚部屋に住んでいた私にとっては、そうじができることは、ものすごい変化でありえない出来事です。

母も姉も腰は抜かしませんが、相当驚いています。

そして、ブログを始めることも私にとって、かなり勇気のいることでした。

実は、ブログを始める前に記事を書いては消し、書いては消しを続けて、いつになったら、投稿するの?という状態でした。

最初なんて誰も読まないのに、まるですぐに世界中の人に読まれるくらいのドキドキ感で独りよがりな考えでした。

まぁ投稿してから不安も払拭され^^;独りよがりだとわかったのですが、始めるまでは本当に口から胃が出てきそうなくらい不安マックスでした。

ですが、それでもブログを始めて、ミニマリストは世界を変える!の本多メグさん (id:megumakou2014)のサロンに入って、昨年はオフ会に呼んでいただき、ひとり旅までしました。

「オフ会」に初参加してきました! 

「オフ会」会いたい人に会う、自分の気持ちに素直になって良かった 

私は、前述で書いた通り、不安が先に来るノミの心臓の持ち主です。

それなのに、お誘いを受けた時に、ちょうどその日が空いていたので、これはどうしても行かねばというアンテナが働いて、飛行機のチケットを予約していました。

あの時の気持ちを大事にしたおかげで、良い縁が巡ってくるようになり、自分がこれを知りたいなと思うと、不思議とタイミングよく人や、本などで教えてもらえる幸運にも恵まれるようになりました。

また、10月の東京でのオフ会に参加後、母の家で宿泊してから母が断捨離をするようになり、先日も電話で「モノを減らして本当に良かった」と言ってもらえました。

【親が断捨離を始める】母の気づき3 

【親が断捨離を始める】母の気づき4 

母の家の台所:断捨離「前」

母の家の台所:断捨離前

母の家の台所:断捨離「後」

母の家の台所:断捨離後

 何度も言いますが、このどれを取っても、簡単にできる人にとっては普通のことです。

ですが、今まで出来なった人間にしてみたら、180度変化のある、ものすごいことです。

自分にとってありえないことって何ですか?

自分にとってありえないことって、損をするって決めつけてました。

またはその為に相当勇気が必要なことだったり、不安がつきまとう。

それが私の場合、そうじだったり、ミニマムな生活を始めることでした。

今更そうじをして何になる?とか

断捨離を始める時には、いつか必要になった時にお金を使うハメになるから、取っておいた方が得でしょ?という気持ちがありました。

でも、思い切って始めてみたら、徐々に人生が変わっていました。

今の自分を変えたいなとか、何か願いがある時。

まず現在の自分が自分の見たくない部分を認めてみる。

私の場合は、私の部屋は本当に汚い部屋だと認めることでした。

認めたくない時ほど、マイナスの情報集めに必死になりますが、認めたことで、そうじしたら変わるんじゃない?という情報に素直にやってみよう。と鉛より重い腰をあげることができました。

それがすぐに結果を生まなくても、やってみた自分は結構すっきりします。

まずは自分を認めて目を背けずにやってみようと行動するのか、それともしないのか?

「幸せになる」と決めて1歩前に足を出した時に、何かが変わるのだと私は思います。 

 〜関連テーマ:トラコミュ〜

ミニマムライフ 

ビフォー・アフター

断捨離でゆとり生活 

ミニマリストな生活 & シンプルライフ