シンプルライフ

【写真あり】ブラーバ300シリーズのタイヤを「接着剤不要リングタイプ」で交換する方法

ブラーバがあるだけで、掃除の手間が半分減るくらい「お掃除ロボットは最高」です。

 
我が家のブラーバは、購入してから2年位です。

静音タイプが欲しくて、こちらにしました。

 

 
毎日、動かしています。

 
ほぼ乾拭き、水拭きは月に数回程度です。

 

タイヤの摩耗がひどい

 
最近、ブラーバで毎日掃除しているのに、床に黒い物が落ちているなんてことはありませんか?

これ、ブラーバのタイヤゴムです。

 
ブラーバのタイヤ摩耗 タイヤの摩耗が一度始まると、どんどん広がっていきます。

 
そして、床も汚れますし、止まる場所も変わってきます。

 
そこで、タイヤを交換することにしました。

 

互換品にする

 
ブラーバの会社、iRobotでは、タイヤのみという商品を販売していないため(有償でのメンテナンスは有り)、互換品で調べてみたところ、タイヤゴムでも色々ありました。

 
簡単に、タイヤのゴムと言っても、たくさんあって、悩ましい所です。

あまり、接着剤を使いたくないし、同じようなゴムだとまた、黒いゴミが出るのもいやだなぁと思っていたところ、ちょうどいいタイヤを見つけました。

評価も高い、リングタイプです。

 

 
互換品です。

 
もし、不具合が起きたら自己責任ですが、

 
そらそら
そらそら
タイヤなら大丈夫かなと思い購入しました。
 
今回は、このリングタイプのタイヤの取付け方を紹介します。

取付け方はコツを掴めば簡単

 
まずは、前のタイヤを外すところから始めます。

 
最初は、外しにくかったので、カッターで少し切れ目を入れてから、剥がしました。

 
カッターを使うときは、車輪を傷つけないように軽く切れ目を入れます
 
 
ブラーバの古いタイヤを外す切り目を入れる  
少し切り目が入れば、あとはそこそこキレイに剥がれます。

 
ブラーバタイヤ交換古いタイヤ剥がす  
剥がれた後は、接着剤が残る場合があるので、指で擦って剥がしました。

 
ブラーバタイヤ交換古いタイヤ剥がし終えた  
右が古いタイヤ、左がタイヤを剥がして車輪になった状態

 
ブラーバタイヤ交換キレイにしたタイヤと古いタイヤ  

タイヤを取付ける

 
タイヤを取り付けるのですが、

そらそら
そらそら
ブラーバの車輪は外すことができません。
 
外せない車輪に、リングのタイヤをはめ込むのですが、これはコツさえ掴めば簡単です。
 
そしてリングに決めた一番の決め手は、接着剤やテープが要らないところです。
 

タイヤの取り付け方

 
まず、車輪を少し持ち上げます。

 
ブラーバタイヤ取り付け方車輪を上げる  
タイヤをすき間の溝にはめ込みます。

 
ブラーバタイヤ交換タイヤゴムを入れ込んだ状態  
タイヤを車輪の幅に合わせながら、車輪を回していきます。
車輪を少しずつ回しながら、はめ込んでいきます
 
 
ブラーバタイヤ交換タイヤゴムを入れ込んだ状態から車輪にはめ込む  
ちょっと押し込む感じにはなりますが、車輪にタイヤをはめながら回していくと、

 
ブラーバタイヤ交換の最後は少し押すとはまってくれる  
最後はピッタリはまってくれます。

 
ブラーバにタイヤが入った状態  
両方タイヤをはめ込んだ状態です。

 
ブラーバに互換のタイヤが付いた  
車輪は結構頑丈なので、壊れることなくタイヤ交換は出来ました。

 
無器用な私でも出来たので、女性でも出来ます。

 

交換してみて

 
このゴムであれば、摩耗しずらくゴムが落ちることもなさそうです。

 
また、フローリングで滑ることもなく動いてくれました。

 
互換品ですが、しっかりした作りで扱いやすい品物でした。