1日に1度は、家中の窓と、玄関のドアを全開にして空気の入れ替えをしています

網戸も開けているので、たまに虫さんも入ってきます 

先日は、大きなハエが入ってきて、キッチンを廻って出て行きました
この間は、キッチンに羽虫が1匹飛んでいました

以前は羽虫がいると、キッチン用のアルコール除菌をふきかけてご臨終させていましたが、様子をみることにしました

どこに飛んでどこが好きなのか?
増えるのか?
家の中で実験です

実験

結果を言うと、3日ほどで居なくなりました
そして増えることもありませんでした

我が家のキッチンは、ここ数ヶ月の間、洗剤、石鹸を一つも置いていません
特殊な加工がされたスポンジと、油汚れがひどければ、重曹を使っています
肉や魚の料理をしたときも、このスポンジで洗ったり、アルコール除菌を少量使っています

あとは、キッチン近くで花を飾っています
水アカが気になりますが、普段はこのような感じです
キッチン

ちなみに、生ゴミは冷凍しています
食品トレーやビン、缶などは洗って乾かしたら、ゴミ箱ではなく、ゴミ袋に入れてあります(フタはないです)

生ゴミはないけれど、洗剤を置かずに、完璧には洗いきれない食品トレーやビン、缶など、羽虫が増える条件は他の家より揃っているかもしれない、と思っていました
調べ方としては、たまたま飛んでいる羽虫が目に入ってきた時に、動きをみると、キッチン以外に食べ物を置かないリビングも飛んできました
花にとまってみたり、壁にとまったり、たまにシンクにとまったりしていました

ゴミ袋から出てきた様子はありません
こうして、数日で引越しされたようです
どんなに窓をあけても、羽虫はほとんど入ってこないので、実験報告はここまでです

潔癖からのミニマム生活

前は、汚部屋に住んでいる潔癖人間でした
そして洗剤が大好きな虫嫌いでした

モノを減らした暮らしをしていくにつれて、潔癖がなくなり、洗剤が無くても充分暮らせることを体験して、家の中に虫が入ってきても、全く増えないことを知りました
洗剤を使わなくても、夫婦でお腹をくだしたこともないです(あくまで我が家の話ですので、洗剤のない生活を考える場合は、自己責任でお願いします)

これは、母の家も同じで、台所のモノや調味料を断捨離をしてから、生ゴミを冷凍していなくても、羽虫を見たことがありません

人間にとって、害虫と言われる虫でも、それを好んで食べる益虫もいてくれるので、むやみやたら殺すと、その益虫も減ってしまう可能性があるのでは?と思い始めたのも、今回実験をしようと思ったきっかけです

虫もその場所に居心地の悪さを感じれば、ちゃんと出て行くのだなと思います
専門家でもない普通の主婦の感覚から書くと、人間より自由なので、その感知は早いような気がします
むしろ素直に生きているのは、虫や動植物だと思う今日この頃です

虫が家の中で増えるのは、何かを好んでいるからなので、それを知って思い切って手放すなり、方法を考えていけば、ごく普通の住宅であれば、殺虫剤に頼ることも減ると思います

※現在、パソコンをバッテリー交換に出しているので、戻るまでiPadで書いています
なれないもので、普段通りのことができずにお見苦しい部分があるかもしれません