日商簿記・勉強

50代独学で「第159回日商簿記3級」合格までの勉強法

勉強が苦手の50代ですが、第159回日商簿記3級に初挑戦して合格できました。

私の勉強方法が完璧とは言いませんが、何かしらお役に立てたら嬉しいです。

 

テキスト

テキストは、こちらを使いました。

簿記の勉強でYouTubeを使っている人なら1度は目にしたことがあるかもしれないですね。


ふくしままさゆきさんの、Kindle本です。
99円でこの内容なら本当に安いです。
あとは、ふくしまさんのYouTubeを観て勉強しました。

ここでは基礎の習得のために、ノートにもびっしり書いて結構な時間を使いました。

7月に開始して9月末まで勉強していました。

時間のかかりすぎと思う方がいるかもしれませんが、基礎を身につけると、仕訳が早くなり、さらに2級の勉強にもとても活かせます。

問題集

10月〜試験前日11月20日まで
問題集について、仕訳はふくしまさんのYouTubeでもかなり勉強できますが、財務諸表などは問題集が必須です。


私は9版ですが、2022年度の新しい10版が2月に出ます。

試験後にいろんな問題集を見ましたが、私的には


パブロフが試験に忠実で問題が充実していると思いました。

他には通信教育の学校などで「インターネットから無料でダウンロードできる模擬試験」もやり込みました。

印刷をするので、コピー代はかかりましたが、仕訳をひたすら解くにはこれくらいの出費は安いものです。

試験勉強で重視したこと

 
ひたすら問題集を解くのですが、何が大事かというと
仕訳のスピードです。
これにつきます。

試験時間は昨年から120分→60分に短縮されました。
問題は5問→3問です。

時間は半分になっても、問題は半分になっていないのが現実。

そうなると試験を解くコツが必要になります。

【重要】配分のコツ

試験当日は、緊張や難題もあるので時間が早く感じられます。

その克服のためにも、普段から
模擬試験を解く際は、必ずタイマーで時間を計って試験の際、時間足らずにならないようにしておくのがベストです。

以前の記事でも書きましたが、
私は、問題の解く順番を
問題1→問題3→問題2という順番で解く練習をしました
問題2(20点)の出題範囲が広いため、点数の取りやすい問題1(45点)問題3(35点)を頑張った方がいいからです。

私は、この順番を身につけて合格できました。

最後に

さほど難しい勉強方法ではないと思いますが、とにかく基礎に取り組む時間は多めです。

そこから問題をひたすら解く。これも当たり前かもしれません。

最後は、「1日も仕訳を欠かさない。

この自信が緊張の中でも試験に生かされたと思います。

50代で記憶が薄れゆくのが早いので、毎日簿記や勉強に触れることを怠りませんでした。

これが簿記3級合格までの道のりです。